WordPressダッシュボードにて「PHPの更新を推奨」メッセージが出た時のエックスサーバーでの対処方法

3 min

古いバージョンでWordPressを運用していると「PHPの更新を推奨」というメッセージが表示されます!
「あめつゆ」のダッシュボードにも表示されていたので、PHPの更新をしてみました!

今回はその時の作業方法などをお伝えします!

ブログをこれから始めるなら!

WordPressでブログをこれから始める人には下記リンクのサイトがわかりやすいのでオススメです!このサイトではWordpressのブログの始め方をブログ初心者でも・・・

必要な作業時間は10分!しかもスマホからでもOK!そして、迷わず確実にできる!

そんな方法が記載されています!

スポンサーリンク

PHPのバージョン更新

PHPのバージョン更新していますか!?

私はWordPress歴5年ぐらいになりますが・・・全くしていませんでした。

そんな私のWordPress管理画面のトップページであるダッシュボードに気付けば・・・

「PHPの更新を推奨」と表示されていました。なんとなく見ないふりをしていのですが・・・気になって・・・

のリンク先を確認してみました。まず記載されていたのはPHPのバージョンを最新化すると・・・

  • Web サイトがより速くなります。
  • Web サイトがより安全になります

つまりPHPのバージョンが推奨バージョン以上になるとサイトの読み込み速度が向上し、セキリュティーが強固になるとの事でした。

基本的には下記互換はしてあるらしく更新しない事の明確なデメリットは読み取れませんでした。とはいえ、古いバージョンについては非推奨となっているので、正常に動かなくなる可能性はあり得ます。

いつかはバージョンアップする必要が有るので、どこかのタイミングでPHPのバージョンアップしちゃいましょう!

上記、リンク先にも記載されていますが、お使いのWordPressのテーマやプラグインなどが新しいPHPバージョンに対応していない場合、バージョンアップする事で正常に動かなくなる事が有ります。
バージョンアップの際には各種バックアップなどは怠らないようにして下さい。
また、レンタルサーバーによってはバージョンを戻したり下げたりするのはバージョンアップと同じ手順で可能ですので、万が一不具合を感じたら、まずはバージョンを戻してみましょう!

「PHPの更新を推奨」の対処方法

PHPの更新はサーバー側で行う必要が有ります。通常はレンタルサーバーを借りてWordPressを運用していると思いますので、各レンタルサーバーにてバージョンアップ作業を行ってください。

今回は私が利用しているエックスサーバーにてPHPのバージョンアップ方法をお伝えします。

まずはエックスサーバーのサーバー管理画面へ

開いたサーバーパネルのPHPカテゴリの中の・・・

PHP Ver.切替を選択し、

バージョンアップしたいドメインを選択します。

エックスサーバーの場合、PHPのバージョン管理はドメイン単位となっています。
サブドメインやサブディレクトリーで違うテーマを使用しブログ運営している場合もドメイン単位でのバージョンアップとなります。

PHPバージョン切替画面の変更後のバージョンをプルダウンで選択。

選択したら変更をクリック。

少し時間がかかりますが、下記の画面が表示されたらOK

複数のドメインをお持ちの場合は、PHPバージョン切替画面の設定対象ドメインで他のドメインのPHPバージョンを変更する事も出来ます。

WordPressのダッシュボードを開いてみると・・・

「PHPの更新を推奨」メッセージの表示が無くなっています。

PHPのバージョンアップをしてみて。

所持している4つのドメインに対してPHP7.2.34→PHP7.4.25にバージョンアップしてみました。

使用してるテーマはSANGO、THE SONICですが、特に不具合は有りませんでした。
また速度向上も特に感じません。(そもそも遅さを感じていなかったのも有ります。)

PHPバージョン8

2022年1月時点ではPHPの最新バージョンはPHP8.0.12となっています。ですがエックスサーバーでも推奨はその前のPHP7.4.25となっていたので、今回は最新バージョンへのアップデートは見送りました。

ここで最新バージョンにするとテーマやプラグインたちが対応していない可能性が高くなると思われます。

推奨バージョンには更新しよう!

実際に作業してみた感じ、大した作業負荷は有りませんが、効果も実感しにくかったです。
いつかはバージョンアップはする必要が有りますので、もし「PHPの更新を推奨」メッセージが出ているのであれば、やっておいた方が良いですよー!

そして、最後に改めての注意を記載しておきます!バージョンアップした際に問題が生じた場合でも当サイトでは対応しかねますのでご注意下さいね!

上記、リンク先にも記載されていますが、お使いのWordPressのテーマやプラグインなどが新しいPHPバージョンに対応していない場合、バージョンアップする事で正常に動かなくなる事が有ります。
バージョンアップの際には各種バックアップなどは怠らないようにして下さい。
また、レンタルサーバーによってはバージョンを戻したり下げたりするのはバージョンアップと同じ手順で可能ですので、万が一不具合を感じたら、まずはバージョンを戻してみましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。